リン・ウッツン

リン・ウッツン

リン・ウッツン(Lin Utzon)は技芸家であり、工業テキスタイル・デザイナーです。
ロイヤルコペンハーゲンの陶器から、Jorn Utzonの教会、デンマーク王立バレエ劇場の舞台、衣装デザイン、さらには、米国IMB本社、スウェーデンVOLVOの本社、San Joseコンベンションセンターの装飾建築まで幅広い分野でデザインを手がけています。ローゼンダール、ロイヤルコペンハーゲンのスペシャルデザイナーです。

父親はシドニー・オペラハウスの建築家ヨルン・ウッツン氏ですが、父親の評判に乗ることなく、彼女自身の表現で世界各国で認められています。
シンプルで、大きなスケールで描く作品は、大自然が目の前に現れてくるようです。

略年表

1946年
コペンハーゲン生まれ。
1965年
イーストシドニー美術工芸学校で学ぶ。
1967年
日本で4ヶ月修業。
1967年
コペンハーゲンの美術工芸学校で織物を専攻。
1970年
コペンハーゲンマルグレーテスコーレンでカッティングと衣装デザインを学ぶ。
1973年
ヘルシンゴーにスタジオを設立。
1978年
ロイヤルコペンハーゲンに入社 磁器一式をデザイン。
1985年
日本・金沢国際デザイン展覧会でデンマーク代表。
1987年
コペンハーゲン・チボリ公園のプロジェクト参加。
1997年
倉敷チボリ公園プロジェクト参加。

■著名作品■

  • ローゼンダールデンマークでは、フラワーベースが著名
  • ロイヤルコペンハーゲン装飾シリーズ
  • スウェーデン・ボルボ本社ビルの大装飾
  • コペンハーゲン空港新国際ターミナルの陶器壁画
  • コペンハーゲンチボリ公園の12棟の磁器ドーム
  • その他バレエのステージ・コスチューム
  • 建築家とジョイントの室内装飾・教会のデザイン等
制作中のリン・ウッツン氏リン・ウッツン氏リン・ウッツン氏直筆

ボルボ本社 カタログ表紙

リン・ウッツン氏は熟練した工芸家として、またテキスタイル・デザイナーとして長年の間、芸術の分野で多彩な活躍をしてきました。
芸術家として類まれな才能を開花させた彼女の作品は、世界中で目にすることが出来ます。
中でも、彼女の父親が建築したバウスベィア教会(デンマーク)のタペストリーやヨーテボリ(スウェーデン)にあるボルボ本社、そしてテキサス州ダラスのIBM社のインテリアデザインなどの作品が大変よく知られています。
(※写真はボルボ本社にて常岡琢磨撮影)


又、ローゼンダール製ガラス製品『フィリグラン ベース』や、モダン・クラシックとも呼べるニューデザイン『リン・ウッツン フラワーベース(花瓶)』は、彼女のデザインに対する哲学が最大限に反映されているのです。

デザインルームフラワーベースフラワーベース

自然界に存在する光の概念と北欧独特のユニークな光の性質を、彼女自身の尺度でとらえ、それらを最高に進化させることで出来上がったこれ等の作品には、かすかに光る表面、光と水との戯れといった視覚的な効果だけでなく、その内面には抑制のきかないほどの彼女が放つエネルギーが埋め込まれているのです。
もちろんそのエネルギーは陶器、タペストリー、ガラスとジャンルを問わず、それぞれの作品の中に平等に注ぎ込まれています。


“アンデルセン生誕200年祭”のメモリアルに依頼され制作したテーブルウェアーのデザインは、世界中で好評を博しました。

陶板『リーフ』テーブルウェアーカタログ
テーブルウェアーデザイン『人魚姫』テーブルウェアーデザイン『みにくいあひるの子』テーブルウェアーデザイン『親指姫』テーブルウェアーデザイン『ナイチンゲール』

リン・ウッツン氏のデザインルームやアトリエには、常岡北欧現代美術館館長・常岡琢磨の書がたくさん飾ってあります。
ジャパンカリグラフィーとして大変気に入り、常岡が彼女を訪ねるたびに乞われて書き贈ったものです。

アトリエのリン・ウッツン氏リン・ウッツン氏と対談アトリエの書

(写真撮影:常岡琢磨)