ヘレン・ウィルシャイアー

ヘレン・ウィルシャイアー

ヘレン・ウィルシャイアー(Helen Wiltshire)は、インテリアファッションデザイナーから画家に転向し、オーストラリアの自然環境(動植物)を創作して、ネイチャーアーティストとしてトップランクに位置付けされています。

日本のアート業界での知名度も高く、数多くの名作を残しています。
特に広島県呉市安浦町のグリーンピアベイで3週間滞在して完成させた『クイーンズランダー(Queenslander)』は、カンガルー・オウム・エンゼルフィッシュ・オウム貝・エミュー・ドルフィン等、オーストラリア自然界に生息する動植物をコンセプトにした大作で、最も人気の高い作品です。 (原画:常岡北欧現代美術館所蔵)

『クイーンズランダー(Queenslander)』

ヘレン・ウィルシャイアーは、日本でも度々個展を開催しており、シルクスクリーン絵画の販売実績は50,000枚を超えており、人気作家ヒロ・ヤマガタと並ぶ実績を持っています。

アパレルファッションデザイナーからスタートしたヘレン・ウィルシャイアーは、絵画以外の自作のスポーツウェアー、Tシャツの分野にも独特のオリジナル作品を制作しており、好評を得ています。
彼女の作品は、オーストラリア、ニュージーランドの有名ホテル、ハイアット、ハミルトン、シェラトン、ヒルトンに数多く展示され、近年ではヘレン・ウィルシャイアーの作品は美術収集家や福助、グンゼ、日本ペイント、瀬戸内海造船等の法人企業のコレクションとしても人気を博しています。

常岡北欧現代美術館では、ヘレン・ウィルシャイアーの原画、版画、ポスター、Tシャツ、ジグソーパズル、コースターセット等、50種余り4,000点以上、アジア最大級の作品所蔵を致しております。

ヘレン・ウィルシャイアー氏へのレクイエム

オーストラリア・、クイーンズランド州の大自然をコンセプトにして、熱帯雨林やサンゴ礁、亜熱帯雨林の動植物を描き続け、又親日家で、瀬戸内海の温暖な気候や風土をこよなく愛したヘレン・ウィルシャイアー氏を偲ぶ。

常岡北欧現代美術館 館長 常岡琢磨


南国オーストラリアのトロピカルイメージを繊細に描写し、ケアンズの大自然の中で自然と融合した独特の画風タッチで数多くの作品を創作したヘレン・ウィルシャイアー氏は、ケンドーン、ジョアンフック、ビレッジと並びオーストラリアが生んだ4大巨匠と称せられています。

ヘレン・ウィルシャイアー氏の作品は、オーストラリア、ニュージーランドのオセアニア地域のみならず、北米、ヨーロッパでも知名度が高く、その作品は個人美術収集家や博覧会、企業等のコレクションとして芸術性を高く評価され親しまれています。

ヘレン・ウィルシャイアー氏は、私が記憶しているだけでも20回以上来日し、東京・大阪・広島でギャラリー個展やミュージアム特別展覧会を開催しました。

私は1989年~2006年迄、シドニーで現地法人コロニアルキャスティングを経営していました関係上、度々ケアンズにあるヘレン・ウィルシャイアー氏の工房を訪ねて彼女の新作を入手する事が楽しみになっていました。

1992年に、“ケアンズ=安浦(広島県安浦町)国際ヨットレース”が開催されました。
これは、ヘレン・ウィルシャイアー氏が瀬戸内海アイランドビューをコンセプトとして大作『ミッドサマーリーフ』を発表し、その作品が大きな反響を呼んだおかげで、安浦町(現在の広島県呉市)が観光都市として一躍有名になり開催されたものです。

又、この事がきっかけとなりヘレン・ウィルシャイアー氏の作品は、横浜の東急多摩プラザ、銀座プランタン、東京熱帯植物館ギャラリー、日比谷花壇東京ギャラリー、浜名湖花博(浜松)、大阪城花博等全国17ヶ所で個展、メセナ展を開催した次第です。

ヘレン・ウィルシャイアー氏の国際活動のプロモートは、篠田正義氏が企画・マネジメントを行い、当時の私はアシスタントプロデューサーとして、ヘレン作品の市場開発プロモートをしておりました。
特に作品の中でも1991年発表された『クイーンズランダー』は、シドニーオリンピックギャラリーテーマ作品となり、在日オーストラリア大使館、大阪領事館、福岡領事館にも展示され、人気を博したことは忘れられないドキュメントとして心に残っています。
私方では『クイーンズランダー』ガッシュ油彩原画とリトプリント90枚を所蔵しています。

現在私のギャラリーに、ヘレン・ウィルシャイアー氏の作品『クイーンズランダー』、『サマーブルー』、『果物と花』、『手のひらオーム』、『赤クサカゲロウ』、『パラダイス』、『真夜中のサンゴ礁』他70種、320アイテムを保有していますが、独特の絵画タッチに魅せられた一般来場者も多く、福岡、名古屋、東京、山口、岡山の遠方より来店購入頂いており、入場料無料で対応しています。

ホームページでヘレン・ウィルシャイアー氏の作品をご覧頂いた方も、是非常岡北欧現代美術館(入場料無料)へお越し頂ければ幸いです。
ヘレン・ウィルシャイアー作品価格は、SS,S,M,L,LLと大小2,500点余り、1,200円~395,000円で販売しております。


ヘレン・ウィルシャイアー

ヘレン・ウィルシャイアー氏は、オーストラリアの大自然に生息する、鳥類、シェル(貝)・蝶や動物達や植物・風景を独特の色彩・技法でキャンパスに描き続け、アパレルやジグソー絵画等多方面に活躍したマルチアーティストでもありました。



ジェーン・ローズ氏の名刺ジェーン・ローズ氏の名刺

ヘレン・ウィルシャイアー氏の右腕と言われ、ギャラリーのNo.2であったジェーン・ローズ氏の名刺。彼女が日本で使用していた専用の名刺。
今は連絡が途絶えてしまったが、その後どうされているのか。
日本の百貨店美術画廊でヘレン作品の解説をしてくれていただけに気がかりです。


<ヘレン・ウィルシャイアー氏作成 作品証明書>

ヘレン・ウィルシャイアー氏作成 作品証明書
1992年、リトグラフ限定300枚作成証明書の写し。
常岡北欧現代美術館所蔵のリトグラフは、全て作者直筆サイン入りの証明書があります。


ヘレン・ウィルシャイアー氏の個展ヘレン・ウィルシャイアー氏の個展ヘレン・ウィルシャイアー氏の個展
ヘレン・ウィルシャイアー氏の個展

1900年~2005年、ヘレン・ウィルシャイアー氏の個展は、高島屋、そごう、東急、プランタン銀座、天満屋(岡山・広島)等、全国有名百貨店美術画廊で開催され、人気を博しました。


ウィルシャイアー氏と家族とカタログの表紙デザイン

1945年メルボルンに生まれ、オーストラリアの自然を愛し、精力的に活動し続けていたヘレン・ウィルシャイアー氏。
私の仕事がオーストラリアから北欧に拠点が移った事などもあり、彼女と音信不通となっていましたが、偶然インターネットで2011年に彼女がガンで亡くなったことを知りました。

彼女に自社カタログの表紙デザインを依頼したり、プロモーターの篠田氏と共に日本全国を美術展や個展開催で走り回ったり…。
その篠田氏も亡くなり、その当時を懐かしく語り合う人もいなくなりました。
晩年の交流はなかったけれど、一時代を共に駆け抜けた彼女のご冥福をお祈りいたします。

2018年春 常岡琢磨(写真撮影:常岡琢磨)