リーフ・ジェンセン

リーフ・ジェンセン

リーフ・ジェンセン(Lief Jensen)は1953年デンマーク王立宮内工房ブロンズ鋳造家ローリッド・ラスムッセン氏のもとで修業、鋳造者長として従事。コペンハーゲン王立芸術学校で教鞭を執りました。「ブロンセストベリエト リーフ・ジェンセン」設立。デンマーク王室調度品のオリジナル作品まで手がけるリーフ・ジェンセンの技術は国宝級で、北欧で最も著名な鋳造家です。
倉敷チボリ公園に、アンデルセン像、人魚姫、カーステンセン像、ロンビュー像を創作しました。
ファロー島、グリーンランド、アイスランドの記念碑・彫刻のほとんど全ては、リーフ・ジェンセンの鋳造作品です。古代彫刻を修復する技術を持ち、都市部にある彫刻について助言・監督をする、北欧で最も著名な鋳造家です。

略年表

1936年
コペンハーゲン生まれ。
1953年
デンマーク王立宮内工房ブロンズ鋳造家ローリッド・ラスムッセン氏に師弟入門。
1957年
ローリッド・ラスムッセン氏のもと、デンマーク宮内ブロンズ工房で修業。
1961年
ヴィルティッドアンドクラウセン金属工房の鋳造者として従事。
1963年
彫刻家・ブロンズ工房の鋳造者長、指導者として従事。コペンハーゲン王立芸術学院でブロンズ鋳造について教鞭をとる。
1971年
ブロンズ工房「ブロンセストベリエト リーフ・ジェンセン」設立。
1989年
コペンハーゲンチボリ公園のプロジェクト参加。
1996年
倉敷チボリ公園プロジェクト参加。
■展覧会■
東京・長崎・オーストラリア・ドイツ・オーストリア・グリーンランド・デンマーク・スウェーデン・アメリカ等世界主要都市

■著名作品■

  • ラサックによる 『H.C.ロンビュー』 記念碑
  • ヘンリー・ラッコウ・ニールセンによる 『H.C.アンデルセン』像
  • カール・ミールスによる 『ヨーロッパ噴水』 『神の御手』 『人とペガサス』
  • ヴィヨン・ヴィンブラッドによる 『素敵に踊る女』
  • スベン・ウィッグ・ハンセンによる、デンマーク初代文化大臣記念碑 『ボルホルト記念』
  • エドワード・エリクセンによる 『リトルマーメイド』 像
ヴィンブラッドレストランで歓談

常岡北欧現代美術館長常岡琢磨とリーフ・ジェンセン氏は、度々ヴィンブラッドレストランで歓談する機会がありました。


デンマーク工芸院文化賞受賞プレートデンマーク工芸院文化賞受賞プレート

リーフ・ジェンセン氏がデンマーク工芸院から表彰用プレートを依頼され20個限定で制作。自身も受賞し、デンマーク王妃からプレートを授与されました。


リーフ・ジェンセン氏の鋳造工場

リーフ・ジェンセン氏の鋳造工場に、常岡とニールセン氏とで訪問。


リーフ・ジェンセン氏制作『素敵に踊る女』の前で。『ロンビュー像』

リーフ・ジェンセン氏制作『素敵に踊る女』の前で。ヴィンブラッド氏が一番気に入っていた銅像です。
もう一枚は、リーフ・ジェンセン氏の代表作の一つである『ロンビュー像』です。


街中のモニュメントと山田貴子店長補修中のモニュメントと山田貴子店長

デンマークの街のいたる所に彫刻や銅像等、歴史的・芸術的モニュメントがあり、リーフ・ジェンセン氏は、それら多くの制作や補修に関わっています。
訪ねた工房では、ちょうど補修中の銅像が完成したところでした。


(写真撮影:常岡琢磨)