九谷焼

歴史と伝統に培われた九谷焼

日本を代表する名窯は、江戸初期に加賀国江沼郡九谷村で焼かれたことから、その地名にちなみ九谷焼と称されています。
伝統の五彩に代表される、落ち着きと深みのある色調。繊細華麗な絵付けによる表情の豊かさと品格。新しい発想を重ねて生れた、現代の暮らしに映える新鮮さ。そのひとつひとつが、人の心に華やぎと深い味わいを残します。
お客様のおもてなし、豊かなこころの安らぎに、さらに人生の節目の贈り物として、九谷焼は本物が醸し出す魅力に溢れています。

1655年(明暦元年)頃、大聖寺藩(加賀藩の分家)はこの地の陶石をもとに開窯。
創出された磁器は、後に「古九谷」と呼ばれ、日本色絵磁器の礎となりました。
青(緑)、黄、赤、紫、紺青―。濃厚な色彩が自由闊達に躍る上絵は、九谷焼の“美の源流”です。
しかし、わずか半世紀で謎に包まれた廃窯。
その約100年後、加賀藩の奨励により、九谷焼はふたたび覚醒します。
春日山窯、若杉窯が開窯、「再興九谷」の気運に乗じた吉田屋窯らが次々に色絵磁器を生産するなど、さまざまな感性が競い合い融合し、今日に受け継がれる百花繚乱の上絵技術が誕生しました。
近代においては、華やかな彩色金襴手の作風が「ジャパンクタニ」の名で欧米に深く浸透しています。
「古九谷」に端を成す芸術性と「再興九谷」で備わった用の美を具有する九谷焼は、時空を超えて、今もさらなる飛翔を続けます。

凛として花開く・・・加賀百万石の伝統工芸「九谷焼」

江戸時代、前田家が統治した百万石の大藩、加賀藩。文化芸能に精通した歴代藩主らは文治政策を奨励し、「九谷焼」をはじめとする工芸王国を作り上げました。
その土壌を育んだのは、霊峰白山、加賀平野、日本海が織り成す景観と食の豊穣。
伝統工芸のふるさと石川県には、受け継がれる日本の美が息づいています。

業販専門カタログ※画像は業販専門カタログの内容です。小売価格は上記の価格の35%増額となります。

豪胆に緻密に・・・多彩に魅せる色絵の伝統

加賀藩の歴史とともに、鮮やかに花開いた数々の色絵窯。安土桃山時代の豪放磊落な武家文化、雅で華麗な京文化を自在に取り入れながら、独自の表現が生み出されました。
長い年月の間にも決して風化することのない様式。九谷焼の誇りでもある伝統の“六様式”です。

古九谷風(こくたに)
明暦元年(1655)~
大聖寺藩初代藩主前田利治が命じ、九谷村で焼かれたもので、青(緑)、黄、赤、紫、紺青の五彩を用い、絵画的に豊かに表現された様式。狩野派の影響を受け、のびやかで自由な線で描かれ、大胆な意匠と絢爛たる色遣いが特徴。
木米風(もくべい)
文化4年(1807)~
古九谷廃窯約100年後に、加賀藩営で金沢に春日山窯が開窯。京都より招かれた文人画家青木木米の指導で、全面に赤を施し、五彩で中国風の人物などを描写した様式。
吉田屋風(よしだや)
文政7年(1824)~
豪商吉田屋伝右衛門が再興九谷を目的とした窯で、青手古九谷の塗埋様式を踏襲した様式。青(緑)、黄、紫、紺青の四彩を用いて、様々な文様や小紋を駆使し、全面を塗り埋めた重厚感のある作風が特徴。
飯田屋風(いいだや)
天保2年(1831)~
吉田屋窯を引き継いだ宮本屋窯で焼かれた様式。赤で綿密に人物を描き、まわりを小紋等で埋め尽くし、金彩を加えた赤絵細密画で、主工飯田屋八郎右衛門から八郎手とも呼ばれている。
庄三風(しょうざ)
天保12年(1841)~
古九谷、吉田屋、飯田屋、金襴手のすべての手法を融合し、名工九谷庄三が確立した彩色金襴手の様式。明治以降は「ジャパンクタニ」として産業九谷の主流となった作風。
永楽風(えいらく)
慶応元年(1865)~
加賀藩分家の大聖寺藩が開いた九谷本釜で焼かれた様式。京都の名工永楽和全による金襴手手法で、全面を赤で下塗りし、その上に金のみで彩色した豪華で洗練された作風。

日々土と語らい・・・魂を込める

丹精こめて土を練り上げ、成形し、絵を描く。九谷焼の行程は、無垢なる自然に、人の魂を注ぎ込む作業です。その流れをつなぐのは熟達した技と美意識。作り手たちによってあくことなく繰り返される修練と模索が、九谷焼の今日を支えています。

九谷焼の完成まで

砕石・粉砕

花坂陶石場(小松市)などで採石した陶石を細かく粉砕器で砕く。

水簸(すいひ)・坏土(はいど)

精粉した陶石を水に浸し、不純物を取る。余分な水分を除き、適当な柔らかさにする。

土もみ

ヒビ・ヒズミの原因となる陶土内の空気泡を抜き、円筒状に土を練り上げる。

成形

ロクロ、手びねり、タタラ、鋳込みなど、形に応じたさまざまな成形法がある。

乾燥・仕上げ

仕上カンナを使い、高台や外側の削り、つまみ造り、縁仕上げなど細かい仕上げをする。

素焼

強度を高めるため、約800度で長時間焼成し、灰色の土を肌色の素地に焼き上げる。

下絵付(染付)

主成分が酸化コバルトの染付呉須で下絵付をした後、透明釉を表面に均等にかける。

本窯

約1300度の高温で一昼夜以上かけて焼成する。焼き上がると釉薬は透明なガラス質となる。

上絵付

呉須(黒)による線描(骨描)の後、その上に五彩の絵具を盛り、彩色を施す。

上絵窯・金窯

約750~1000度の上絵窯(錦窯)で幾度か焼成。金・銀を施した金窯は、さらにもう一度焼成する。

近代から未来へ・・・九谷焼の現代画法

明治期以降、創作意欲盛んな名工たちは、さらなる到達点を目指し、独自の画法を模索。圧倒的な描写力、秘法ともいわれる釉薬技術、立体的な表現方法を用いた現代の画法は、九谷焼の新たな可能性を拓きました。

細字(さいじ) 和歌や漢詩などを非常に微細な字で緻密に描き込む手法。盃や湯呑の内側に描く場合には、さらに高度な技術が求められる。
青粒(あおちぶ) 地色の上に青く盛り上がった細点を均一に並べる手法で、丹精で上品な趣きが薫る。ほかに白粒、金粒がある。
彩釉(さいゆう) 五彩の上絵具を塗り分け、塗り重ねながら器全体を覆っていく。優美な色彩と濃淡の変化に特徴があり、幻想的な雰囲気を醸し出す。
花詰(はなづめ) 牡丹や菊など四季折々の花々を、金彩・銀彩・五彩の上絵付で器を埋め尽くすように描き、絢爛豪華な魅力にあふれる。
釉裏金彩(ゆうりきんさい) 金粉や金箔の上に、透明な釉薬をかけて焼き上げる手法。深みのある金色の輝きが美しい。銀を用いた釉裏銀彩もある。
盛(もり) 獅子や招き猫などの置物によく見られる手法。専用の絵具を使って盛り上げた立体的な模様が特徴で、大胆さ豪快さを感じさせる。

ほんとうの贅沢は・・・毎日の暮らしの中に

感性に合う器で楽しむ料理。
手肌にしっくりとなじむ器と一服のお茶。
使い込むほど味わい深まる酒器…。
いい器との出合いは、心を豊かにしてくれます。
昔も今も「九谷焼」が提供し続けるのは、そんな暮らしの中の贅沢さです。


『常岡北欧現代美術館』館長常岡琢磨氏は、人間国宝九谷焼作家、三代目・徳田八十吉氏と親交がありました。

人間国宝九谷焼作家、三代目・徳田八十吉氏追悼記事